忍者ブログ
2017 08
≪ 2017 07 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



12月26日

何気なく心霊探偵八雲のHPに行き着いたらなんと2010年秋にアニメ化すると云うではないか。




ちょっと楽しみだったりする。




そういや最近の漫画とかアニメとかライトノベル関係だとオッドアイって多用されてるよね。




それとか眼に不思議な力が宿ってるって云う設定とか。




漫画に関しては髪型と眼がやたらと力入って描かれたりするし、




日本人ってなんでこんなにも眼にこだわりを持つのかなあなんていつも思う。




かくいう自分もそういう設定は嫌いではないけどね。




なんだか分からない神秘的な感じがするよなあ。




外国人ってそこんとこどうなんやろ?




彼らは日本人と違って目の色が鮮やかだからそんなこと考えないんやろか?




でもそれが当たり前になってるから黒目とかに神秘的な思いはあるのかな?






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本日の出費




・マヨネーズ


・食パン






〆て¥266。今週の残高¥343。




ぎりぎりイケるかなってところまで持ってきた。ハアハアゼーゼー・・・。




考えてみると今月に入ってから食費約¥5000しか使ってないんだよな。




こんな生活今までじゃ考えられないが・・・。さすが京!すごいぜ!




最近は出るものも殆ど出ないしだからといって便秘と云うわけではないのだが




ほんとに余計なもの食ってないんだなと実感。胃がとてつもなく小さくなってそうだ。




だが出るものがあの程度でしかもその大半は水分で出来ていて、




その次に腸内の老廃物によって構成されているから・・・




と考えると食べたものってほとんどすべて吸収されてるのではなかろうか。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




先日知ったのだが構造主義者クロード・レヴィ=ストロースが今年亡くなったそうな。




初めて彼を知ったのは去年でその時存命していたと知って驚いた記憶がある。




去年でなんと100歳だったから。




結局今年の誕生日を迎える前に亡くなったそうだが約101歳ですよ。




触りくらいしか知らないが彼の構造論はユニークで興味をそそられた。




『悲しき熱帯』や『野生の思考』、『神話論理』を読んでみようかと考えたけど分厚い本だったので




「修行して出直してきます。ペコッ」




となった覚えがあるが、素晴らしい作品だと聞いているのでぜひ読んでみたい本だ。




ほんとにお疲れさまでした。




冥福をお祈りいたします。



拍手

PR


この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字






この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

なまえ: いたち

興味があること: 数学 化学 薬学 医学 物理学 天文学 哲学 心理学 民俗学 読書 コンピュータ関係 アニメ 漫画 映画 ゲーム その他

こんな人:
以前は化学屋街道まっしぐらでしたが
その道から外れ、今は名実ともに自由人です(笑)
おかげで舎密の知識もどこへやら、
しかし以前より視野を広く持ってフリーダムな生活を送ったり送らなかったり。
定職外からの視野の中で見えてくるものも多くてなかなか興味深いぞ!
そんなこんなで興味が拡散してるのでブログ名に反映させてみました。
日記のつもりで書いていますが現在の状態だと記録に近いかも・・・。
現在目的を達するべく医学志願中。
また、一所に落ち着けない正確なのか自分の居場所を探すためか(たぶん生まれつきの性分)一生をかけてあらゆる場所に居を移すことを画策。現在人生4都市目。2011年に自分にとって少なくとも日本国内では最も住み心地が好く最も落ち着けるであろう某5都市目に入る為奮闘中。
ブログランキング・にほんブログ村へ